画像ファイル操作モジュール

モジュールImageは画像ファイルを操作するクラスです。

メソッド

saveFile(string $uploaded_path)
(returns string) 画像ファイルをアップロードした時にPHPが自動で生成する一時ファイルのパスを引数$uploaded_pathで指定してこのメソッドを実行すると、フレームワークの画像ファイルのディレクトリ(設定ファイル{(app_root), _common}/configs/Image.phpsave_dirで設定)にそのファイルを保存します。
実行時に保存したファイル名(パスではなくファイル名単体)を返します。
ファイルの保存に失敗するとエラーとなります。
たとえばCZForm::loadUploadedFiles()の戻り値配列を利用して
	:
$form = $this->newform('product');
$form->saveValues($values);
$fileinfo = $form->loadUploadedFiles();
$filename = $this->newModule('image')->saveFile($fileinfo[0]['path']);
	:
などとします。
saveFileByUrl(string $url)
(returns string) 引数$urlで指定したURLからファイルを取得して、フレームワークの画像ファイルのディレクトリ(設定ファイル{(app_root), _common}/configs/Image.phpsave_dirで設定)にそのファイルを保存します。
実行時に保存したファイル名(パスではなくファイル名単体)を返します。
ファイルの保存に失敗するとエラーとなります。
deleteFile(string $file)
(no return) 引数$fileで指定したファイルをフレームワークの画像ファイルのディレクトリ(設定ファイル{(app_root), _common}/configs/Image.phpsave_dirで設定)から削除します。
ファイルを削除できない(ファイルがないなどの場合)とエラーとなります。
getServerUrl()
(returns string) 画像表示サーバ(ChimpanzeeImageServer.phpを呼び出すフロントコントローラ)のURLを取得します。いわゆるimage.phpのURLで、設定ファイル{(app_root), _common}/configs/Image.phpserver_urlで設定した値になります。

前後のページ

ページトップへ