データベース操作モジュール

モジュールDbはモデルを使わずにデータベースを直接操作するクラスです。

$this->newModule('db')->メソッド();

メソッド

begin()
トランザクション処理の開始を宣言します。
commit()
トランザクション処理の終了を宣言します。
request(string $query)
指定したクエリ(SQL文)を実行します。成功した場合作用したレコード数を、失敗した場合は0を返します。
insert(string $table_name, array $record)
テーブル$table_nameにレコードを新規追加します。レコード形式の配列$recordの内容を新規レコードとして追加します。$recordにレコードセット形式の2次元配列を指定することで複数レコードを追加することができます。
レコード追加に成功した場合レコード数を、失敗した場合は0を返します。
getInsertedId()
直前に実行したレコード追加処理で追加されたレコードのIDを返します。Dbクラスのメソッドによって追加されたものだけでなく、モデルで追加されたものも含みます。
update(string $table_name, array $record, $condition_sentences = array(), $condition_values = array(), $options)
テーブル$table_name$condition_sentences$condition_valuesで指定した条件のレコードについてレコード形式の連想配列$recordの内容で更新します。条件の指定方法については絞り込み条件の指定方法を参照してください。
$options['limit']で「UPDATE ... LIMIT xxx;」という指定ができます。
$options = array('limit' => 100)
で100件更新ということになります。
レコード更新に成功した場合レコード数を、失敗した場合はFALSEを返します。
delete(mixed $table_name, $conditions = array(), $condition_values = array())
テーブル$table_name$condition_sentences$condition_valuesで指定した条件のレコードを削除します。条件の指定方法については絞り込み条件の指定方法を参照してください。レコード削除に成功した場合レコード数を、失敗した場合は0を返します。
getValue(string $table_name, string $column_name, $condition_sentences = array(), $condition_values = array())
テーブル$table_name$condition_sentences$condition_valuesで指定した条件に合致した1レコードのカラム$column_nameを取得します。形式は単一値(スカラ)となります。$condition_sentences$condition_valuesを用いた条件の指定方法については絞り込み条件の指定方法を参照してください。条件を指定しない場合、先頭のレコードの値を返します。
getRecord(string $table_name, $column_names = array(), $condition_sentences = array(), $condition_values = array())
テーブル$table_name$condition_sentences$condition_valuesで指定した条件に合致した1レコードの$column_namesで指定したカラムを取得します。形式はレコード形式の連想配列となります。$condition_sentences$condition_valuesを用いた条件の指定方法については絞り込み条件の指定方法を参照してください。条件を指定しない場合、先頭のレコードを返します。
getRecords($table_name, $column_names = array(), $condition_sentences = array(), $condition_values = array(), $options = array())
テーブル$table_name$condition_sentences$condition_valuesで指定した条件に合致した全レコードの$column_namesで指定したカラムを取得します。形式はレコードセット形式の2次元配列となります。
$optionsでレコードを取得する際にSQLに与える「DISTINCT」「GROUP BY」「HAVING」「ORDER BY」「LIMIT」「OFFSET」の条件を連想配列で指定します。形式の詳細はクエリの$optionsを参照してください。
$condition_sentences$condition_valuesを用いた条件の指定方法については絞り込み条件の指定方法を参照してください。条件を指定しない場合、全件取得になります。
getPDOErrInfo()
クエリの実行失敗時のPDOが出力するerrorInfo(配列)を返します。
rollback()
ロールバック処理を行います。ロールバックに失敗した場合、FATALエラーとなります。
insertSelect(string $set_table_name, string $get_table_name, array $set_column_names = NULL, $get_column_names = array(), $condition_sentences = array(), $condition_values = array(), $options = array())
$set_table_nameで指定したテーブル名に$get_table_nameで指定したテーブルのデータを追加するINSERT ... SELECT文を実行します。$set_column_namesでデータの挿入先テーブルのカラム名を、$get_column_namesでデータの取得元テーブルのカラム名をそれぞれ順番に指定します。$condition_sentences$condition_valuesでデータの取得元の条件を指定できます。指定方法は絞り込み条件の指定方法を参照してください。$optionsでSELECT文のオプション句を指定できます。指定方法はオプション句の指定方法を参照してください。戻り値として取得元データのレコード数を整数で返します。

前後のページ

ページトップへ