フレームワーク実装済みのバリデート関数

cz_preg_match($params)
文字列が指定した正規表現にマッチすればNULL、しなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
(string) pattern
マッチングさせるパターンをPOSIX拡張正規表現で指定したもの
cz_int($params)
文字列が整数であればNULL、整数でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
(int) (option) min
最小値
(int) (option) max
最大値
cz_float($params)
文字列が浮動小数点数であればNULL、浮動小数点数でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
(int) (option) min
最小値
(int) (option) max
最大値
cz_facebook_user_name($params)
文字列がFacebookのユーザ名として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
cz_twitter_user_name($params)
文字列がTwitterのユーザ名として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
cz_date($params)
文字列が日付として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
cz_date_parts($params)
指定した年月日の値の組が日付として有効であればNULL、しなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(int) year
年の値
(int) month
月の値
(int) day
日の値
cz_url($params)
文字列がURLとして有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
cz_mail_addr($params)
文字列がメールアドレスとして有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
cz_mail_addr_parts($params)
「xxx@yyyy.yy」形式のxxxyyyy.yyの組がメールアドレスとして有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) account
ユーザ名(上のxxx)の値
(string) domain
ドメイン名(上のyyyy.yy)の値
cz_tel_num($params)
数字列が固定電話番号として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
cz_tel_num_parts($params)
「XXX-YYYY-ZZZZ」形式のXXXYYYYZZZZの組が固定電話番号として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) area
市外局番(上のXXX)の値
(string) city
市内局番(上のYYYY)の値
(string) rest
番号(上のZZZZ)の値
cz_mobile_tel_num($params)
文字列が携帯電話番号として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
cz_mobile_tel_num_parts($params)
「XXX-YYYY-ZZZZ」形式のXXXYYYYZZZZの組が携帯電話番号として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) area
市外局番(上のXXX)の値
(string) city
市内局番(上のYYYY)の値
(string) rest
番号(上のZZZZ)の値
cz_zip_code($params)
数字列が郵便番号として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値
cz_zip_code_parts($params)
「XXX-YYYY」形式のXXXYYYYの組が郵便番号として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) head
上のXXXの値
(string) tail
上のYYYYの値
cz_credit_card_num($params)
数字列がクレジットカード番号として有効であればNULL、有効でなければエラーメッセージを文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
バリデートを行うフォームの入力タグの値

前後のページ

ページトップへ