フレームワーク実装済みのコンバート関数

cz_preg_match($params)
文字列を指定した正規表現にマッチさせ、検索結果を文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
変換元カラムの値
(string) pattern
マッチングさせるパターンをPOSIX拡張正規表現で指定したもの
(int) match_num
返す検索結果の番号。「0」とした場合戻り値としてパターン全体にマッチした文字列を、「1」とした場合1番目のキャプチャ用サブパターンにマッチした文字列を返します。PHPの関数preg_match()の引数$matchesの添え字にあたります。
cz_preg_replace($params)
文字列を正規表現を用いて置換した結果を返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
変換元カラムの値
(string) pattern
マッチングさせるパターンをPOSIX拡張正規表現で指定したもの
(string) replacement
置換を行う文字列
cz_date($params)
日付を表す文字列を別の形式の文字列に変換して返します。たとえばデータベースから返される「2012-01-01」という文字列を「2012年1月1日」と表示する場合に使用します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
変換元カラムの値
(string) format
フォーマットを指定する文字列。PHPの関数date()で指定するフォーマットと同じです。
cz_date_join($params)
指定した年月日の値の組を結合して日付を表す文字列として返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(int) year
年の値
(int) month
月の値
(int) day
日の値
cz_time_join($params)
指定した時分秒の値の組を結合して時刻を表す文字列として返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(int) hour
時の値
(int) min
分の値
(int) sec
秒の値
cz_datetime_join($params)
指定した年月日時分秒の値の組を結合して日時を表す文字列として返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(int) year
年の値
(int) month
月の値
(int) day
日の値
(int) hour
時の値
(int) min
分の値
(int) sec
秒の値
cz_datetime_join_by_str_date($params)
指定した日付を表す文字列、時分秒の値の組を結合して日時を表す文字列として返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) date
日付を表す文字列
(int) hour
時の値
(int) min
分の値
(int) sec
秒の値
cz_mail_addr_account($params)
指定したメールアドレスからユーザ名部分の文字列を返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
メールアドレスの文字列
cz_mail_addr_domain($params)
指定したメールアドレスからドメイン名部分の文字列を返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
メールアドレスの文字列
cz_mail_addr_join($params)
「xxx@yyyy.yy」形式のxxxyyyy.yyの組を指定し、メールアドレス形式の文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) account
ユーザ名(上のxxx)の値
(string) domain
ドメイン名(上のyyyy.yy)の値
cz_tel_num_area($params)
指定した電話番号「XXX-YYYY-ZZZZ」形式の文字列から市外局番部分の文字列を返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
「XXX-YYYY-ZZZZ」形式の電話番号を表す文字列
cz_tel_num_city($params)
指定した電話番号「XXX-YYYY-ZZZZ」形式の文字列から市内局番部分の文字列を返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
「XXX-YYYY-ZZZZ」形式の電話番号を表す文字列
cz_tel_num_rest($params)
指定した電話番号「XXX-YYYY-ZZZZ」形式の文字列から加入者番号部分の文字列を返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
「XXX-YYYY-ZZZZ」形式の電話番号を表す文字列
cz_tel_num_join($params)
「XXX-YYYY-ZZZZ」形式のXXXYYYYZZZZの組を指定し、電話番号形式の文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) area
市外局番(上のXXX)の値
(string) city
市内局番(上のYYYY)の値
(string) rest
加入者番号(上のZZZZ)の値
(bool) separator_flag
戻り値の電話番号文字列をハイフンで区切った形式にするかどうかを指定します。TRUEもしくは指定しない場合、局番や加入者番号をハイフンで区切ります。FALSEの場合ハイフンで区切りません。
cz_zip_code($params)
指定した数字列を「XXX-YYYY」形式の郵便番号を表す文字列に変換して返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
変換元カラムの値
(bool) separator_flag
戻り値の郵便番号文字列を「3桁-4桁」のハイフンで区切った形式にするかどうかを指定します。TRUEもしくは指定しない場合ハイフンで区切ります。FALSEの場合ハイフンで区切りません。
cz_zip_code_head($params)
指定した数字列を郵便番号「XXX-YYYY」としてXXXの3桁を抽出して文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
変換元カラムの値
cz_zip_code_tail($params)
指定した数字列を郵便番号「XXX-YYYY」としてYYYYの4桁を抽出して文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) subject
変換元カラムの値
cz_zip_code_join($params)
「XXX-YYYY」形式のXXXYYYYの組を指定し、郵便番号形式の文字列で返します。
引数$paramsの要素は以下のとおりです。
(string) head
上のXXXの値
(string) tail
上のYYYYの値
(bool) separator_flag
戻り値の郵便番号文字列を「3桁-4桁」のハイフンで区切った形式にするかどうかを指定します。TRUEもしくは指定しない場合ハイフンで区切ります。FALSEの場合ハイフンで区切りません。

前後のページ

ページトップへ